ハッキリ言って教習生にはなんも関係ない話しなんですが、

職員の机の移動がありました。

世間でも話題になっています、高齢者講習に関係してくるのですが、

今までは、CRTと呼ばれるもので、高齢者講習をやっていました。

このCRTってマシンは、反応などを見ることができるマシンなんですが、

これを一般の教習生も模擬運転装置として使用するのですね。

高齢者講習で使うので、階段を上る必要の無い一階に設置されてた訳ですが、

今度の高齢者講習の改正で、高齢者講習では、これを使わなくなりました。

使うのは一般の教習生のみという事になったので、この模擬運転装置を

3階に移動させる事になりました。

という訳で、

移動中の風景です。1階から3階までは空を飛んで移動させました。

3階の窓は取り外して移動です。

そして・・移動完了。

窓からの眺望が良くなりましたねぇ。

この部屋は、以前第2シミュレータ室として使用していた部屋でございます。

そんで、この部屋にあったシミュレータは、

応急救護室に移動しました!

と、いう事で、この部屋はシミュレータ室兼応急救護実習室になりました。

応急救護室は実習やるから結構広いんだけど、応急救護の時間以外は使わないから使ってない時はもったいないスペースではあったんですよねぇ。

 

そんで、世間を騒がせている高齢者講習のお話し。

講習予備検査の結果次第でちょっと変わるのですが、

高齢者講習の実技をやったあとに、個別で面談をするんだけど

個別面談用のお部屋がいるって事で、この自販機があった場所が、

小さいお部屋を増設することになりました。

そんで、この自販機がどこに行ってしまったかと言うと、

お外に移動になりました。なので、通りかかった人も買えるようになりましたね。

 

そして最後に1階のCRTが置いてあった部屋は

猛烈移動中です!!!

営業の部屋へと変貌しました。移転後の写真は未公開です。いやぁわっちもようわからんのだけど、

なんか写ってはいけない資料とかあると困りますんでね。

 

そして、指導員室から営業担当の人の机が無くなったので、

校舎創立当時は、ロッカーはこのレイアウトだったんだけど、今のロッカーの場所に机を置いて、

ロッカーが奥の窓の前にあった訳ですよ。

そんで、指導員室の机が減ったので、ロッカーが元通りの場所に戻りました。

久しぶりに南向きの窓が解放されて、指導員室が超明るくなりました。

そんな訳で、指導員室は一気に広々としてしましました。