中央研修所に行くとね、やれお前は何回目だ。自分はもう何回も来ているんだ。

と、なんだかくだらない自慢が始まる訳でして、、

もう俺3回目だけど、今回の宿泊棟の部屋は携帯の電波がウンヌン。。。。

みたいな子がいて、、わいわいしてるもんだから

 

「どしただね?」なーんて聞くと、ああ、なんかごちゃごゃ。。。

んで、アナタは何回目なんですか?

「・・・・・・・・・・6回目かな・・・」

「・・・・・多いっすね(汗)」

みたいな会話がありまして、、、

気がつけばもう中央研修所は6回目?くらいですね。

ベテラン勢に入ってきました。

のSDワンダくんが宿泊棟兼座学研修を行う棟なんですよ。

んで、ここが通称「屋根下」と呼ばれるところ。実技研修の時は基本的にここで体操をしてスタートになります。

まあとにかくスケールがでかいんです。

詳しくはHP見てください。

ちょっとぐぐるさんの地図を拝借いたしましたが、

このぐるっと回りの楕円の内側が研修所です。

んで、上の写真にある宿泊棟と、屋根下は矢印の所。

とにかくスケールがでかい。

広ーいスペース。ここは年に1回の白バイの競技大会が行われるばしょです。

研修でも最初にこのスペースにパイロンを置いて、全力全開走行をします。

そこで、無駄なハンドル操作や運転姿勢、急ぎすぎる故の無駄な操作が

かえって遅くなる危険になるという事を学んだりします。

んで教習所みたいなコースがあったり。

すげぇ量の車が綺麗に並んでたり。左はコンフォート。右はキューブですね。

車には、写真でわかるかなぁ。ロールバーが入っているんです。

全力走行してひっくりかえっちゃうこともあるかも???しれませんしね。

6回研修にきただけに、だいたいのコースは網羅しました。

が、自動車学校の教習指導員となるための研修ですので

テクニカルな事よりも、人に教える為の知識を教わる事が多いのですね。

なので、テクニックを磨くために走り込むなんてのはほぼなかったので

やはりちょっと心残りですね。個人的にものすごくテクニックを磨きたい場所でもあります。

んで今週末また行くんですが(汗)

高齢者講習の研修を終え、

東京で東北新幹線を目撃し。

電車好きのわっちは楽しみながら帰ってきました。