さてさて、毎週水曜日はトヨペットの日となりつつあるんですが、

茨城の中央研修所に高齢者講習で行ってきて、帰ってきてから

トヨペット袋井店にて、出張研修。

そんで、また中央研修所に今度は大型二輪検定員課程で行ってきて、

帰ってきてから、今度はまたトヨペット袋井店に出張研修。

なかなか飛び回ってる訳でして、、、

と、いう訳で早朝のうちの会社。

この日はトヨペット袋井と、レクサス富士と藤枝築地店へ出張研修です。

東名高速をぴゅ~っと飛ばし、袋井へ。

なかなかハイブリッドの新車は快適なのです。

 

帰りはせっかくなので、新東名を走ってみました。

なぜかというと、今新東名では110km/hの制限速度を実験的に導入してるんですね。

なので、110km/hを体験しに走ってきました。

だって自分普段軽自動車だし。あまりお出かけしないし。

と、いう訳で、走るだけでは意味が無いのでレビューです。

110キロの区間に入ると、出したい人は出すし、出したくない人は出さないって感じです。

トラックは80キロ規制なので、速度差が危険なんじゃないかと言われていますが、

どうなんでしょうね。トラックは左側を走るという事になってはいるものの、

現実として真ん中の車線を走ってるトラックも多いです。

んで、110キロ出す人は追越し車線に入って110キロな訳ですが、

中にはもっと飛ばしてくる人も現実いまして。。。

そういう人は、余裕で左側追越しをしていましたね。

そんなシーンを何度か見かけました。

車の間を縫うように右や左へ車線変更を繰り返している人が一定数いて、ちょっと危ない感じでしたね。

教習車だけに看板背負ってますんで、速度は1キロも超えないように心がけて走る訳ですが、

公に110キロ出していいわけですよ。要は完全未体験ゾーン。

違反ではないんだけど、「ほんとにこんな出していいの!??」

と心はドキドキでした。

 

車の性能や道路の作りとしては110キロでも全く問題無いようでしたが、

もうちょっと運転手さんの気持ちのゆとりが欲しいと思いました。